本間工務店のいえづくり/東京府中の木造注文住宅・リフォーム・耐震補強工事|(株)本間工務店

ご相談・ご質問|お気軽にお問い合わせください

HOME > 本間工務店のいえづくり

本間工務店のいえづくり

こうやって建物は出来上がります(新築工事完成までの流れ)

1.地鎮祭

工事の安全と住みやすい家の無事完成を祈願します。 神社の神主さんに現場まで来ていただく以外に、 その土地の土を神社に持ち込んで御払いしてもらうことも出来ます。 又、神式以外でも仏式もあります。 お供えは、海のものと山のものを神様にお供えしています。

2.地盤調査

着工前には必ず行う地盤調査です。
スウェーデン式サウンディング調査を行います。木造の住宅の場合はこの検査で十分です。

3.地盤改良

地盤調査にて、
地耐力(建物を支える土の強さ)が不足している場合のみ行います。
写真は柱状改良と言って、基礎の下になる部分に1.8mおき位の間隔で、
土とセメントを混ぜて、直径60センチ程度の杭のようなものを作成します。

4.地下工事(もちろん、希望されるお客様のみです)

費用はかかりますが、容積率の緩和があるために、
「もうひとつ部屋が・・・・」というときにはお勧めです。
ちなみに、完成後は「冬は暖かくて、夏は涼しいですよ!」
と評判はたいへん良いものでした。
施工は専門会社 株式会社スリーユーさんです。

5.基礎工事

写真はべた基礎です。
木造の基礎には大きく分けて「布基礎」と「べた基礎」の2種類ですが、
最近の建物は「べた基礎」が断然多くなっています。
建物の床下部分にも、もち網状の鉄筋が組まれて、
コンクリートが打設されます。

6.土台敷き

基礎のコンクリートと建物をつなぐ部分を土台といいます。
写真の黒いゴム状のものは基礎パッキンといって、
土台とコンクリートの間に挟みます。
それによって、土台の下面はいつも空気と触れています。
又、その隙間、床下通気となるために、
基礎に通気用の孔を空けなくてもいい為に、基礎も丈夫になります。

7.上棟

いよいよ上棟を迎えました。お客さんにとっては記念すべき日なので、
施工の立場としても気が引き締まる一日です。
ウインウッド工法(金物接合工法)を採用しています。

8.耐力面材取付

耐力面材を取り付けます。

9.屋根工事

防水下地を葺いた上に屋根材を取り付けます。
屋根の種類は瓦・カラーベスト・金属製屋根の中から
お客様と打ち合わせの上決定いたします。


10.外装工事

耐力面材の上に透湿・防水シートを貼ります。
サッシ廻りは、一体型成形部材及び防水テープで施工します。


通気工法に欠かせない、通気胴縁です。


今回は、サイディング貼りで仕上ました。


樋をつけて、足場解体したら。外構の工事に入ります。


11.断熱工事

平成25年省エネ基準に対応した環境配慮型断熱材を使用しています


屋根の通気層確保のための通気スペーサーは、
赤外線を反射し放射熱(輻射熱)を抑える効果もあります。


透湿防水シートを貼ります。
壁体内の湿気を外に逃がして結露を防止・外部からの水や風の侵入を防ぎ、
住宅の寿命を向上させるだけではなく効果的な遮熱が可能なシートを採用しています。


水を使った現場発泡のウレタンフォームで、
壁・屋根をすっぽり覆って断熱します。
この断熱により、高い断熱性と気密性と
静かな住空間・吸音性能が得られます



12.内装工事

床下の構造です。黒いのが、プラスチック製の束です。


内部の柱や筋違いを施工します。


ユニットバスの取り付け。


見える梁の塗装です。自然塗料のオスモカラーを使います。


床のフローリング貼りです。桜の無垢フローリングを使いました。


ボード貼りも終わり、完成に近づいてきました。


階段取付です。傷が付かないようにしっかりと養生します。


物入れの内部です。決まりが無く、収納するものを考えたお客さんの要望によって内部の棚を決めていきます。


最終の仕上げ工事です。
クロスも接着剤もホルムアルデヒドがほとんど出ないものを使います。
いよいよ完成です!!

このページのトップへ

このページのトップへ