外壁(耐力面材)/東京府中の木造注文住宅・リフォーム・耐震補強工事|(株)本間工務店

ご相談・ご質問|お気軽にお問い合わせください

HOME > 外壁(耐力面材)

外壁(耐力面材)

木造の家が地震や台風など、横からの圧力に抵抗するのは「壁」です。
基礎を丈夫にして、丈夫な骨組と頑丈な「壁」を作ってこそ、地震や台風などの自然災害に強い家が出来ます。
「筋かい」という用語を聞いたことがありませんか?普段は目には見えませんが、
壁の中は、左右の柱・下の土台・上の梁で囲まれた四角のフレームとなっていて、
ここに斜めに繋ぐ材料が入っています。これが「筋かい」です。
もちろん、耐力壁として「筋かい」も使いますが、外壁面の壁には「耐力面材」と言われているものを採用しています。
「耐力面材」は壁の四角いフレームをパネルで固定する考えです。
筋かいという1本の木材ではなく、「面」で力を受けるというのが「耐力面材」の考え方です。
壁の強さの他にも下記のようなメリットもあります。

  • どのメーカーの耐力面材も防火材料として国の認定を受けているので、
    外壁に使用することにより、外壁材と耐力面材との2重の防火構造となります。
  • 外壁面に筋かいを入れなくてもよくなる場合が多くなります。
    その為に断熱材が隙間なく施工出来るために断熱効率のよい家が作れます。

イメージギャラリー

このページのトップへ

このページのトップへ